_T1A2998.JPG

Message

代表メッセージ

2016の6月に東京・広尾にある自宅リビングでPASSAGE ENGLISHとしてひっそりと英会話教室をスタートしてから早5年が経ちました。多くの方にご受講いただき、気付けば5年間でご提供したレッスン数は延べ5,000回近くに。開講当初から通ってくださっている方も多く、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

「誰でも気軽につづく」をコンセプトにスタートしましたが、長く受講してくださっている皆さんのサポートをするうちに、「思っていることを自分の言葉で伝えられること、また初心者の方でもネイティブとのコミュニケーションを堂々と楽しむことができるようになること、そして生涯の趣味として英語そのものを長く楽しめること」をより重視したレッスン内容になりました。

 

英会話教室は今も増え続けています。しかし残念ながら5年前と比べて英語を苦手としている方が減ったという印象はありません。PASSAGEのレッスンを通して多くの方が身に付けたスキルを、英語コンプレックスを持っているより多くの皆さんにご体験いただきたいと、5周年を機にサービス内容を見直し、新たにENGLISH HIVEとしてスタートすることにいたしました。

 

HIVEには英語で[蜂の巣]、またミツバチが忙しく飛び回って活動する様子から、活気に溢れている場所と言う意味もあります。

巣に集まるハチのように、英語をマスターして様々な国籍の方たちとのコミュニケーションを楽しんでいただきたい、そして英語に興味を持っている方が気軽に立ち寄ることができるようなスペース(=巣)でありたい、そんな思いで名付けました。

広尾と聞くと敷居が高いと感じる方も多いようですが、すぐ側の広尾商店街には昔ながらの個人商店もまだあります。受講中の生徒さんから「これからもたくさんの方々の素敵な学び場になることを願っています」とのメッセージをいただいたことがあるのですが、皆さんの身近な寺子屋的な存在でありたいと思っています。

英語は本当に私の人生を変え、豊かにしてくれました。同じように英語をマスターして新たな楽しみを見つける方が増えることを心より願っています。

手書き署名_0524.tif