top of page

ビジネス英語は日常英語より簡単?!

NHKラジオ講座7月号のテキスト発売日です。先月6月号を購入したばかりの気もしますが…。 広尾に英語教室としてPASSAGEを開講してからももう2週間、月日が経つのが早いなと感じます…

NHKラジオのビジネス系英語講座は現在2講座、どちらも不定期で聴いています。最近のブログ記事は日常会話の話題が多かったので、今日はビジネス英語について。

タイトルを見て「え?」と思う方もいるかもしれませんが、これは本当です。なぜならビジネスシーンは限られているから。 オフィスでのやり取り、メール、会議、出張や交渉、といったところでしょうか?ビジネスで使う単語やフレーズはある程度絞られるので、仕事で英語を使う場合は毎日のやり取りで身に付きますし、一度覚えてしまえば応用できます。

会社員時代に海外支社から来日していた担当者と懇親会で話をしていた時の話です。 普段のやり取りは主にメール。売り上げや進捗だとかマーケティングのレポートだとかそんな話ばかりでしたが、仕事以外の場で「日常会話」になると、なぜか一瞬考えてしまうことが多かったのです。

家族のことや趣味はまだ想定範囲。これがどんどん発展して、前述の担当者とは家の改築の話でどんどん盛り上がり、梁(はり)ってなんていうんだっけ?とか日本の住宅事情とか、日本語でもどうだっけ?と言う話になっていきました。 どんな話題になるかは未知の世界、そういう点ではビジネス英語は「英語」の中のほんの1シーンなのです。

TOEICにはビジネス英語が頻繁に登場します。 私はイギリスに3年住んで帰国しましたが、渡英前に880点だったスコアは渡英後825点にダウン。その後転職し、会社員として英語を毎日使うようになってから900点台になりましたが、普段オフィスで使う英語やフレーズなので特にTOEIC®の勉強をしなくても伸びたのかなと思います。

PASSAGEでは、TOEIC®の受験経験がない方やスコアアップが必要な方に向けたレッスンも開講します。TOEIC®は4技能のうち「聞く」と「読む」の能力を測るテストにつき、満点にこだわる必要はないかと思いますが、学習の指標として受験するのはお勧めです。私自身は一番学習していた時は1年間ほぼ毎回受験していた時も。勉強を開始して自分の英語が「あ、変わったな、聞き取れるようになったな」と思ったのは800点到達時。800点はさすがに勘だけでは届かないので、ある程度基本はOKと言う目安になるかと思います。

TOEIC®コース含むレッスンコース詳細については本日ホームページにアップしました。ぜひこちらからご覧ください。


コメント


bottom of page