ブランコ乗る!公園でも英語!

週末はほぼ娘と近所の公園に行っています。定番のブランコ、すべりだい、シーソー、砂場… 毎回2時間くらいでしょううか?! 長時間ですが、この地域は外国人がたくさん住んでいるので、公園も外国人親子率がすごく高い、ということで実はあちこちから聞こえてくる公園での日常会話を楽しんでいる母です。

今日もブランコをしていたら、”The swing is free!”(ブランコ空いてる!)という声とともに隣の空いているブランコめがけて男の子が走ってきました。インスタグラムにもアップしたのですがSwingはブランコのことです。

またパパと一緒に乗っていた別の女の子は、赤ちゃん用のバケツ型のブランコ(写真の一番左のブランコです)を指差して”For baby?”と聞いていたのですが、それを見たパパは

“Do you want to go on a baby one?”(赤ちゃん用のブランコに乗りたい?)と聞いていました。 *バケツ型のブランコ、tot swing seatとも呼ぶようです。

他にも途中でユラユラしながら足を地面につけて遊んでいた時にパパが話しかけていたのは、

“You can touch the ground, but not good for your shoes!” (足が届いたね!でもクツがかわいそうだよー)

という感じでしょうか?これもあるある、な会話ですね。

すべり台はSlide、シーソーはそのままsee-saw、砂場はSandboxです。この単語だけでも知っていれば、「息子はすべり台が好きなの」など、公園で初めて会ったママとの会話にも使えますね!海外旅行に行っても子どもの公園好きは万国共通、ぜひ使ってみてくださいね。