top of page

資格試験はいつ受けるべき?

週明けのレッスンでは、生徒さんから英検準2級の一次試験合格の嬉しいご報告がありました!

レッスンをスタートされて約1年9ヶ月ですが、お仕事もお忙しく、正直上達までに時間がかかっていた生徒さんでした。 時に厳しいこともお伝えしつつ、ご自身も学習量が足りないことを自覚しつつ、でもなんとか続けたい、とゆっくりながらも 学習を続けられていたのです。

上達の妨げになっていたのが、日本人の方に多い「完璧に話そうとしてしまう」ことと照れや恥ずかしさが拭えず、 会話のはずが、どうしても一問一答のテストのようになってしまうことでした。 部屋には私と2人しかいないのですが、どうしてもカラを破れない時間が続いていたのです。

英検をお勧めしたのも、何か目標があれば学習せざるを得ない状況を作ることができる、という理由からです。 とは言え、年明け1月の受験予定は全く準備ができていないという理由から延期し、この6月に。

そして一次試験合格が分かった先日のレッスン。 二次試験日まであまり日がないので急遽面接対策を行うことになりました。 これまでのレッスンを見ていても、一次より二次対策の方が大変かな、と感じていたのですが、この日初めて行った 二次試験の練習ではガラっと変わった生徒さんがいたのです。

まずは問題カードの英文を読む – 音読に関してはご自身でも練習を続けてきたこともあり、2級レベルでも対応できる 読みになっていたので全く心配していませんでしたが、今回も初見でほぼ完璧に読むことができました。

そして質問に対する答え – これが最も懸念していたところです。 これまでは回答に時間がかかることが多かったのですが、回答が速い! とにかく私が常々言っている「間を空けない」を意識してとりあえず何か言おうと心掛けた、とのこと。

そしてその後もできる限り知っている単語を使っての状況説明、そして自分の意見もなんとか言い切りました。

これまでの生徒さんとは別人と言っても良いくらい、堂々とした生徒さんがそこにいたのです。 約2年かけてお伝えしてもなかなかできなかったことを、ここにきて一気に出していただいた、そんな感じでした。

「レッスンを受講した当時は英検なんて考えてもいなかった」 「受かると思っていなかったけどここまできたからには受かりたい」

そんなことをおっしゃっていましたが、自信とやる気はここまで人を変えるんだ!とこれまでのレッスンを思い出し なんだか感動してしまいました。

英検の単語帳もレッスンでテストをしたり取り組んでいましたが、1冊をカバーできたわけではありません。 受かるかどうか分からない、そんな感じでした。

準備が不十分だからと、あと半年、またその次、とどんどん先延ばしにしたくなることもあるかと思います。 もちろんその方が良い場合もありますが、ある程度学習したら、自分のレベルを知るためにも、まず一度受けてみる、 それでもっと力を入れようとカンフル剤になることも多いし、今回の生徒さんのように一気に何かを掴んでしまうこと もあります。

資格試験の受験をどうするか悩んでいる方は、

準備が完璧にできたら受けよう、ではなく、受けるからがんばろう

に変えてみて下さいね。

今週末はTOEICです。今回も数名の生徒さんが受験されますが、広尾から検討を祈っております! Good luck!


にほんブログ村 東京・広尾の初心者英会話サロン PASSAGE ENGLISH

Comentarios


bottom of page