4名の生徒さんからの英語実践報告!

更新日:2021年6月14日

週末に続き、今日は暑いくらいのお天気でしたね! 雨が多く心身ともに少しこたえていたので(体調が気象に左右されやすいのです)パーッと気持ちも晴れて嬉しいです。

さてこの1週間ほどで、偶然にも生徒さん4名から、英語を実際に使う機会があったとの嬉しい報告が重なりました! 国内にいて海外旅行にも行けない今、一体いつどこで実践できるの?と思っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

========================================================

その1: 道に迷っている外国人を助けた生徒さん

レッスンの帰り道に、「コンビニを探している」と電話で話しながら困っていた様子の外国人を見かけて、生徒さんから話しかけたとのこと。すぐ近くだったので結局近くまで案内してあげたそうですが、その時もI’ll show you.のフレーズを使うことができたそうです。

「英語で道案内をできるようになりたい!」そして「外国人に道を聞かれて困ったことがある」という生徒さんも多いのですが、こればかりはいつその機会がやってくるか分かりません。来た時にいつでもできるように普段から「ここでもし道を聞かれたら…」と英語での道案内のシュミレーションをしておくことをおススメします。これもいつでもどこでもできる「一人二役シナリオ英会話」で練習してみて下さい。

*****************

その2: 外国人の患者さんにスムーズに案内をした生徒さん

クリニックにお勤めの生徒さん。外国人の患者さんが来院されることはあまりないとおっしゃっていましたが、英語しか話さない患者さんがいらっしゃった際にしっかりと対応できたとのこと!メールに「勉強しておいて良かったです」とありましたが、本当によく学習されている生徒さんでしたし、いつか使う機会が訪れて欲しいと思っていたので聞いた時はこちらも本当に嬉しくなりました。

咄嗟の時でもこうして英語が出てくるのは、今までにしっかりと蓄積されたものがあるから、そして使うことを意識して練習しているからですね!

*****************

その3: 初対面の外国人と2時間も会話が続いた生徒さん

ご自身のお店にアメリカ人の女性がいらっしゃったという生徒さん。日本に来て間もなく、またお話好きな方だったこともあり、気付けば2時間も会話をしていたそう!もちろんネイティブイングリッシュですが7割は理解でき、分からなかった3割も会話を回すための様々なテクニックを駆使して続けられたそうです。この日のレッスン中に私が使ったあいづちを聞いて「それも使いました!」と、笑

これもやはり普段のレッスンの中で様々なジャンルで会話をし、意見を述べて、そこから脱線して会話を広げて、そしてこちらのあいづちに返して、と毎週繰り返しているものがストックされていたのだと思います。

******************

その4: インターナショナルスクールに通うお子さんのオンライン面談を英語で対応した生徒さん

さあ、このblogをアップしようかな、と思っていたタイミングで届いた生徒さんからのメールが、英語での面談を行ったという報告でした。 場所柄、お子さんがインターに通っているという生徒さんの割合は昔から多いのですが、先生との面談の機会は必ずあるので、ここを一つの目標としてトレーニングをしている方が多いです。

今回の生徒さんも慣れないオンライン面談ながらも、事前に「シナリオ」を考えて臨まれたそう。「良い経験になりました」と締めくくられていましたが、本当にその通りです。英語はやはり使ってみないことには、何が良くて良くなかったか、できたのかできなかったのか、分からないのです。機会があればとにかく逃さずやってみることが何より上達に繋がります。

またこちらの生徒さんは、homeworkの「一人二役シナリオ会話」もいつもしっかりと作っていたので、そういったトレーニングの成果も出たと思います!

========================================================

英語は使う機会がない…と思っている方も多いと思いますが、こうして急に英語が必要となった時に「やっておけば良かった…」「英語が話せたら」と思ったことがある方も多いのではないでしょうか?

そう思ったらその時がもうスタートです。

一昨日の朝日新聞朝刊に出ていた「第二の人生の学び直し」についての意識調査でも「語学」が飛び抜けて多い解答だったそうです。 長くなったので、こちらについてはまた別の記事にupしますね。