top of page

6月のトピックとフリートーク

7月に入りました! 雨、雨、雨ですっきりしないお天気が続いていますが、6月と言えば「梅雨」。

毎年この時期のレッスンでは梅雨に関するフレーズと単語を復習しています。 お天気の話題は世界共通。梅雨も毎年やってくるので、さらっと言えるようになっておきたいところです。

How are you? Good.

の後が続かない方は、日本語での会話を思い出してみると良いかと思います。

「良いお天気ですね!」「蒸し暑いですね」「梅雨に入りましたね」

などの会話をしていませんか? 英語も同じです。こうした定番のフレーズはパターンをいくつか覚えておくだけでも会話が続きます。 梅雨が終われば猛暑に関するフレーズを確認しますが、毎年復習していても忘れる生徒さんもいらっしゃいます。 覚えるまで忘れなくなるまで復習、そして使う、の繰り返しですね!

6月のレッスンでは梅雨に加えて、トランプ大統領来日の海外ニュースから「相撲」について取り上げました。

相撲も歌舞伎などに並び、訪日旅行客に人気のアクティビティの一つです。 私も両国国技館で相撲を観たのはもう20年程前になりますが、今は観光客も楽しめるような施設とのこと! (これも相撲ファンである生徒さんからの情報です) 久しぶりに行ってみたいなあと思っています。

でも日本人だからといって誰もが相撲に興味がある訳ではありません。 興味がないから会話が続かない、ではなく、じゃあどうやって切り返す?続ける?をレッスンでは練習します。 最初の頃は、会話をしていても「英語がわからない、どうしよう、どうしよう」で頭がいっぱいになっている方も練習を続けるうちに「コミュニケーション」がメインになり、分からないことは聞く、もしくは自分が分かることを話す、などが自然にできるようになってきます。

そしてそのために行っている「フリートーク」。 現在は主に中級レベルの生徒さんのレッスンで行っています。

好きなことを自由に一緒に会話しましょうというフリートークではなく、あらかじめ話す内容を考えていただき、生徒さん自身がテーマも構成も決めてきて話す、という生徒さん主導型です。 話していただいた後は、フレーズの確認やアドバイス、トークについての質問をこちらから行います。

以前行っていたショートスピーチも良かったのですが、テーマはこちらで決めたもの。現在行っているフリートークではテーマも生徒さん自身に決めていただくことで、得意分野や好きなことについて話すことができるので、本当に様々な話題が飛び出し、内容もバラエティに富んで聞いている方も楽しいです。 会話がまだ苦手かなと思っていた生徒さんが、フリートークに切り替えた途端、スラスラとお話できたケースもありました。

また一度こうして自分で考えをまとめて人に対して声に出して話すことで、また似たような話題になった時にも応用して話すことができるので一石二鳥です。 自分が興味があることだけでもしっかり話せると違います。 相手あってのコミュニケーションなので、まずは英語で自分のことをしっかり話せるようにするということも常に意識していただいています。

今年ももう半分が終わりました! いつかいつかと思っているうちにあっという間に時だけが過ぎて、「英語ができたら楽しめること」に費やす時間も減っていきます。2019年下半期もまた気持ちを切り替えて学習を続けて下さいね。


bottom of page