top of page

I don’t care! 気にしないで!のハズが…

昨日の生徒さん、お互い書き留めたレッスン時間が違っており、教室に来ていただいたものの既に別の予約が入っていたためお帰りいただいた…ということがありました。ご近所なのでまだ良かったのですが。。

その後次のレッスン予約についてメールし、確認不足だった旨を謝ったところ、英語でメールが返ってきました。そこには…

I don’t care 😄

「私は気にしません=気にしないでください」というつもりでカワイイ絵文字とともに送ってくれたと思うのですが、実はコレ、気にしないといっても「どうでもいい」という意味の「気にしない」、無関心ということなのです!

日本人が間違って使いやすいフレーズの一つかもしれません。どうでもいい、どうだっていい、と投げやりなのでシーンに寄っては相手が不快に感じてしまいます。

I don’t mind. も同じく「気にしない」ですが、これはどちらでも良い、というニュアンスが強まります。会話に寄っては、相手の判断に任せます、それでいいですよ、そんな風にもとらえられます。

ただ前述の謝罪に対する返答の場合は、このどちらも当てはまらず、Don’t worry. No worries. などになるかと思います。

文法書で淡々と例文を覚えるより、こうして一度実例で間違えたことの方がしっかり頭に入るのえ、レッスンの中では間違いを気にせずどんどん答えていただいています!


Comments


bottom of page